話題の生姜紅茶ダイエット 特集!

今 話題の生姜紅茶ダイエットのご紹介!【生姜-生姜の効能や活用方法!】

生姜紅茶・生姜紅茶ダイエット

生姜紅茶ダイエットとは、石原結實先生が薦めている朝食に固形物を取らないで生姜紅茶を飲むという手軽なダイエット法です。

やり方はとても簡単で、一日に何杯か生姜紅茶を飲むだけです。実際に試してみると実感できますが身体の中からポカポカとしてきて、個人差はありますがダイエット効果をすぐに感じると思います。

その訳は生姜のパワーにあります。 生姜の辛み成分にはジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンと呼ばれるものがありそれらが、血行を良くし身体を温めてくれるからです。

生姜で血行を良くし身体を温めると自然治癒力がアップして、病気が治るという石原結實先生の著書が最近人気ですが、これは新陳代謝を活発にして脂肪を燃焼させやすくするということで、つまりダイエットにも効果があるということにもつながります。

さらにはこの生姜には健康や美容にも大変効果があります。生姜は元来中国では生の物が生姜(しょうきょう)、乾燥させた物が乾姜(かんきょう)という名前で呼ばれ、漢方薬としても使われています。その効能は鼻炎や冷えの改善も期待できるほどです。


生姜紅茶はどなたでも手軽に作れます。

@お好きな紅茶を入れます。簡単に作るならティーバッグで入れても構いません。

A紅茶の中にティースプーン1杯弱の生姜をすりおろします。生姜の繊維が気になるようであれば、生姜の絞り汁だけ入れましょう。

生の生姜をするのが面倒であれば、チューブの生姜でも代用できます。しかし個人的には生の生姜をすって使用した方が、身体の温まり方など効果が高いような気がします。

そして、黒糖か蜂蜜で甘みを加えます。これも好みの量を加えましょう。生姜紅茶ダイエットを提唱する石原結實先生の意見ですと、身体を温めるという視点で考えれば、陽性食品である黒糖がおすすだそうです。

そしてお湯が沸いたらすり下ろした生姜と、お好みで黒砂糖またはハチミツを紅茶に入れてください。このとき鉄分のせいで黒い色になりますが身体に影響はありませんのでご心配なく。

1日2杯〜6杯ほどの生姜紅茶を自分の体調や好みに応じて飲みましょう。朝食前、朝食後、入浴前、お腹がすいたときなど時間やタイミングに決まりは無いので、マイペースでお楽しみください。




生姜-生姜の効能や活用方法!




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。