生姜の効能

運動や力仕事の後の筋肉痛、ショウガによって軽減されることが明らかに

【GIGAZINE】より引用 2010年5月21日
ショウガ・生姜効果

ショウガは古くから風邪や消化不良による胃の不調などに効くとされ、世界中で生薬としてもちいられてきました。寒い時期に風邪の予防のためショウガ湯を飲むという人も多いのではないでしょうか。

そのショウガが、運動による筋肉痛にも効果的だということがジョージア大学の研究により明らかになりました。


ジョージア大学教育学部運動生理学科のPatrick O'Connor教授らは、日常的なショウガの摂取が運動後の筋肉痛の程度へあたえる影響を調べるため、健康な男女74名を対象に実験を行いました。研究はMcCormick Science Instituteの出資で行われ、論文はThe Journal of Pain誌9月号に掲載されます。

実験では被験者は11日間にわたり、カプセルに入った2gのショウガを服用しました。74名のうち34名は生のショウガ、40名は加熱済みのショウガを与えられ、それぞれのグループには偽薬を与えられた被験者も含まれます。

ショウガを摂取しはじめて8日目に、被験者には重いウェイトを載せたエルボー・フレクサー(ひじを曲げ伸ばして上腕を鍛えるためのトレーニング・マシン)で18セットのエクササイズを行ってもらい、中程度の筋肉痛を経験してもらいました。

トレーニング前とトレーニングに続く3日間(11日目の実験終了日まで)にわたり、腕の動き・炎症・痛み・痛みに関与する生化学的変化を評価した結果、日常的なショウガの摂取は筋肉の痛みを25%軽減させ、これは生のショウガでも加熱したショウガでも変わらないということが明らかになりました。

スポーツや筋トレをしている人に限らず、むしろ日ごろ運動をしていない人ほど、庭仕事や重い荷物を運ぶといったちょっとしたことで筋肉痛になりやすいものです。週末のレジャーで張り切りすぎて、筋肉痛で月曜の仕事がつらかったという経験がある人も多いのではないでしょうか?

生や加熱したショウガで2gというと、毎日の食事に簡単に取り入れられる量なので、いつでも料理に薬味として使えるようショウガを常備しておくとよいかもしれません。

【GIGAZINE】より引用 2010年5月21日

一般的にショウガの効果としては、殺菌力、消化促進、食欲増進、健胃、下痢の改善、また血行を良くして身体を温めるので
冷え性
や肩こり、さらには風邪の諸症状に良いとされてきました。

それが今回は、筋肉痛にも効果があると判明されてきたんですね?
日本だけでなく、世界的にもショウガブームが起きるかも(笑)





生姜-生姜の効能や活用方法!


生姜の効能

女性に多い冷えの悩みを生姜で解消!【生姜-生姜の効能や活用方法!】

生姜・冷え性

生姜の持つ効果や効能としてよく知られているのは、血液の流れを良くして、身体を温めてくれる働きがあります。また漢方薬のうち7割には生姜が配合されているというくらいに漢方の世界では重要な食材です。

生姜なしには漢方は成り立たないと言っても過言ではありません。

生姜の辛味成分であるジンゲロンは、血行をよくし、胃腸や内臓の働きを活発にしてくれます。内臓の動きがよくなると新陳代謝が高まりその結果として体全体の体温が上がってきます。

昔から風邪をひいた時に生姜湯を飲む習慣がありますが、それもやはり生姜の発汗作用や殺菌効果を期待したものです。

新陳代謝が良くなると体温が上がり汗をかいたり尿が出やすくなり、体内の余分な水分が体の外に排出されます。

特に女性で冷え性の原因の1つは、この新陳代謝が不十分である場合が多いようです。普段から食事や生姜紅茶などで積極的に生姜を活用してはいかがでしょうか?




生姜-生姜の効能や活用方法!





Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。